« ホームページ作成方法:CMS、ブログ | トップページ | ホームページ作成:HTML・CSSを学ぶコツ »

ホームページ作成:HTMLとCSS

ホームページ作成:HTMLとCSS


ホームページは、HTMLと呼ばれる、ホームページを作るための言語で出来ています。また、文字の大きさやホームページ全体のデザインについては、CSSといわれる、見た目を決める仕様によって決めることが出来ます。なお、CSSはスタイルシートともいいます。


現在では、HTMLやCSSの知識が全く無くても、ホームページの作成を可能にするツールが多数出回っています。これらの方法についても、当サイトでは別の記事で詳しく紹介します。


しかし、さまざまなアイデアを生かした自分だけのホームページを作る場合は、HTMLやCSSは必要です。また、各種ツールを使っていても、ちょっとしたデザインなどの修正(カスタマイズ)に、HTMLやCSSが役に立つ場合があります。


現在では、ホームページを初めて作る方を対象に、分かりやすく丁寧に解説された参考書や入門サイトがたくさんあります。その一方、その理由は次回の記事で述べますが、誤った情報が含まれているものもあります。


当サイトでは、初めてホームページの作成に取り組む方を想定して、HTMLやCSSの正規のルールに則った分かりやすい参考書・参考サイトを順次紹介します。


ホームページ作成:HTML、XHTMLとCSS


HTMLやCSSは、W3C(World Wide Web Consortium)という国際的な非営利団体が勧告している標準規格です。このうち、HTMLはXHTMLという発展的な規格への移行段階に入りつつあります。


XHTMLはHTMLに比べ、データ処理の高速化・共有の促進、将来登場するであろうXMLアプリケーションの利用といったメリットが挙げられます。現在では、大企業や官公庁を中心に、XHTMLを採用したホームページも多く見られるようになりました。


しかし、初めてホームページを作る方にとって、ネット上の情報も入門書レベルの書籍も、まだ圧倒的にHTMLのほうが出回っています。またW3Cも、XHTMLのメリットを享受しない場合は、HTMLに準拠することを認めています。


現状としては、個人がホームページを作成する際に、厳密なXHTMLに移行する積極的なメリットは、XHTMLに関する入門レベルの浸透度を考えると、あまり見当たらないような印象を受けます。


こうした点から、初めてホームページの作成を学ぶ方には、HTMLとCSSを組み合わせた知識の修得をおすすめします(もちろん、HTMLとCSSによるホームページの作成後、そう近くない将来、XHTMLへ移行することが考慮されるべき点になるでしょう)。


次回以降の記事では順次、HTMLやCSSを学ぶ際のコツや、具体的な参考書・参考サイトについて紹介していきます。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

« ホームページ作成方法:CMS、ブログ | トップページ | ホームページ作成:HTML・CSSを学ぶコツ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ホームページ作成方法①HTMLとCSS」カテゴリの記事