« ホームページ作成:有料サーバー | トップページ | ホームページ作成:有料サーバーの比較 »

ホームページ作成:有料サーバーの選び方

ホームページ作成:有料サーバーの選び方


前回の記事では、有料サーバーの概要を説明しました。今回の記事はそれを踏まえ、有料サーバーの選び方について紹介します。なお、今回の記事では前回の記事を踏まえ、有料サーバーのうち共用サーバを想定して説明します。


まず、有料サーバーは当然費用がかかります。有料サーバー(共用サーバ)の月額の目安としては、個人向けのプランで数百円~数千円(オプションサービスを除いた基本料金のみ)と幅があります。


ホームページ作成:有料サーバーの比較


予算以外で有料サーバーを比較するポイントとしては、なんといっても独自ドメインの可否でしょう。独自ドメインがあれば、サーバー会社を乗り換える(引っ越す)場合でも、自分のアドレスを引き続き用いることが出来ます。


独自ドメインは自分だけのものであり、これによってサーバー会社が変わっても、同じURLアドレスでホームページを運用することが可能になります。もちろん、独自ドメインの取得はサーバー会社と同じ会社でなくても構いません。


また、独自ドメインは、そのドメインに基づいた自分だけのメールアドレスを設定することも可能です。


一方、有料サーバーを比較する場合、各サーバー会社のホームページで基本的なサービス内容をチェックします。サーバーのスペース(ディスク容量といいます)、CGI・PHP・DBの可否とバージョン、サポート体制などは真っ先に確認したい事項です。


有料サーバーのスペース(ディスク容量)に関しては、WEB(ホームページ)とメールに割り当てられる容量の配分についても確認しましょう。


ホームページ作成:有料サーバーと転送量


また、有料サーバー選びのポイントとして、転送量が挙げられます。これは、サーバーから呼び出されるデータ量のことです。自分のホームページに多数のアクセスがあったり、ホームページに置いた画像や動画などのファイルがダウンロードされる際のデータの量を意味しています。


有料サーバー会社のホームページでは、転送量は「無制限」や「週(月)○○GB」(数値が大きいほど多くのアクセスなどに耐えられる)などと明記されています。


そもそも転送量が明記されていないサーバー会社は論外ですが、自分のホームページに多くのアクセスが集まるようになり、転送量が制限オーバーすると会社から注意され、場合によってはサーバー会社の乗り換えをしなければなりません。


サーバー会社の乗り換えは面倒ですが、そうしなければならないほどアクセスが集まることは非常に良いことですし、前のサーバー会社の転送量がよほど低い場合を除けば、めったにないことです。


いずれにせよ、転送量は同じ予算のサーバー会社で迷った時に有力な選択肢といえます。独自ドメインを取っていれば、アドレスの変更による影響を受けることはありません。その意味でも、独自ドメインの取得は重要です。


次回の記事では、有料サーバー会社を具体的に紹介します。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

« ホームページ作成:有料サーバー | トップページ | ホームページ作成:有料サーバーの比較 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ホームページ作成用意:サーバー」カテゴリの記事

ホームページ作成用意:サーバー(有料)」カテゴリの記事