カテゴリー「パソコン・インターネット」の33件の記事

ホームページ作成ガイドトップページ

ホームページ作成ガイドトップページ


ホームページ作成ガイドにようこそ。ホームページ作成ガイドはホームページ作成に関する情報サイトです。ホームページ作成の手順やノウハウをまとめます。


ホームページ作成ガイドサイトマップ



ホームページ作成入門

ホームページ作成入門:初めてのホームページ作り

ホームページ作成方法①HTMLとCSS

ホームページ作成方法:手打ち

ホームページ作成:HTMLとCSS

ホームページ作成:HTML・CSSを学ぶコツ

ホームページ作成:HTML・CSS参考サイト

ホームページ作成:HTML・CSS参考書

ホームページ作成方法:HTMLエディタ

ホームページ作成方法②ホームページ作成ソフト

ホームページ作成方法:ホームページ作成ソフト

ホームページ作成方法③CMS

ホームページ作成方法:CMS、ブログ

ホームページ作成:フリーCMS

ホームページ作成:WordPressとNucleus

ホームページ作成方法④ブログ(サーバーインストール型)

ホームページ作成方法:CMS、ブログ

ホームページ作成:WordPressとNucleus

ホームページ作成:フリーブログ(インストール型・データベース不要)

ホームページ作成:Movable Type

ホームページ作成方法④-2無料ブログ(レンタルサービス型)

ホームページ作成:無料ブログ(レンタルサービス型)

ホームページ作成:無料ブログ比較

ホームページ作成用意・ドメイン

ホームページ作成:ドメインとは

ホームページ作成:ドメインのメリット

ホームページ作成用意:サーバー

ホームページ作成:サーバー

ホームページ作成:無料サーバー

ホームページ作成:有料サーバー

ホームページ作成:有料サーバーの選び方

ホームページ作成:有料サーバーの比較

ホームページ作成用意:転送ソフト

ホームページ作成用意:転送ソフト・FFFTP

ホームページ作成:SEO

ホームページ作成:SEO

ホームページ作成・SEO対策

ホームページ作成:SEO入門書

ホームページ作成:その他・CGI

ホームページ作成:CGIとは

ホームページ作成:CGI入門書

ホームページ作成:フリーCGI

ホームページ作成:その他・PHP

ホームページ作成:PHP

ホームページ作成:PHP入門サイト

ホームページ作成:PHP入門書


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

ホームページ作成:PHP入門書

ホームページ作成:PHP入門書


前回の記事では、PHPの入門サイトを取り上げました。ネット上のPHPに関する情報は豊富ですが、初心者レベルに限っていえば決定的な定番サイトは無く、基礎から応用まで網羅した修得には書籍のほうが勝っています。


今回はPHPの入門書のうち、初心者にも十分に学習できるものを取り上げます。


まず、「10日でおぼえるPHP入門教室」は誤字脱字も多く、10日で修得するのはさすがに不可能ですが、ある程度HTMLやCSSを分かっていて他のプログラミング言語の学習経験がある方には入門書としておすすめできます。


現在PHPはバージョンアップ(PHP4→PHP5)しており、同じシリーズで「10日でおぼえるPHP5 入門教室」が出ています。こちらのほうは、4→5へのバージョンアップに対応する方向けという印象が強く、「10日でおぼえるPHP入門教室」などの修得を前提に取り組んだほうがいいかもしれません。


また、「独習PHP」はPHPの入門書として定評があります。記述が固く、教科書のようなとっつきにくさがありますが、基礎から体系的に学ぶことの出来る正統派の入門書といえます。


PHPの入門書は、今回取り上げた本に限らず、ある程度HTMLやCSS、他のプログラミング言語の学習経験があったほうが理解がスムーズに進むと思われます。


また、PHPの入門書を読み進める中で、PHPに関する入門サイトやリファレンスも参考にしながら修得することも大切です。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

ホームページ作成:PHP入門サイト

ホームページ作成:PHP入門サイト


前回の記事ではPHPとは何かについて説明しました。柔軟なホームページの作成を可能にするPHPですが、今回の記事から順を追って、PHPの入門サイトや入門書を取り上げます。


まず今回は、PHPの入門サイトを紹介します。まず、レッツPHP!は初心者向けのチュートリアルが親切で分かりやすく、PHPで作られたスクリプトも配布されています。


PHP入門サイト


また、初心者用PHP入門基礎から解る!PHP入門講座はPHPの非常に基礎的な段階から丁寧に解説しています。これらのサイトは一からの初心者がPHPの基本的なルールを学ぶのに有用です。


ただし、実践的なツールを構築するレベルまで到達するには、これらの入門サイトの後、より高いレベルの参考書が必要です。一方、アフィリエイトのためのPHP入門講座では、PHPのTIPSをサンプルを通じて学ぶことが出来ます。


なお、PHPの公式ページは英語ですが、日本語情報では日本PHPユーザー会が実質的な公式情報発信サイトになっています。


PHPに関するネット上の情報は数多く存在しています。しかし、特に初心者向けのネット上の情報は断片的なものが多く、PHPをより体系的に学ぶには書籍を手にすることをおすすめします。次回の記事では、PHPの修得に役立つ入門書を取り上げます。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

ホームページ作成:PHP

ホームページ作成:PHP


PHPとは、動的にウェブページを生成するプログラミング言語、およびその言語処理系(拡張機能)のことです。PHPはMovable Type (ムーバブル・タイプ)、Nucleus CMSなどのブログ・CMSツールや検索システム、ショッピングサイトの予約システム、掲示板などを作成する際に幅広く用いられています。


PHPはホームページの作成に必ずしも必要な知識ではありません。また、PHPで作れるもののなかにはCGIで作ることが出来るものもあります(掲示板、ブログツールなど)。


また、現在存在しているCMSやブログツール、各種CGI・PHPツールを導入すれば、CGIやPHPの言語に関する知識が無くても、気軽にホームページの作成や運用が出来ます。


ホームページ作成:PHPを学ぶ


しかし、ある程度ホームページの作成経験があり、既存のツールに満足しなくなった方には、PHPを修得することで自分だけの本格的なホームページ作成が実現できます。


PHPの修得は、自分でブログ・CMSのツール、ショッピング機能・掲示板といったコンテンツを構築したい方におすすめします。もちろん、PHPの修得はHTMLやCSSに比べれば、敷居が高い印象は否めませんが、非常に柔軟なホームページの構築が可能になります。


レベルの高い独創的なホームページを作ることの出来るPHPですが、この修得に役立つ入門サイトや入門書は数多く出回っています。次回以降の記事で、こうしたPHPの入門情報を順次紹介していきます。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

ホームページ作成:フリーCGI

ホームページ作成:フリーCGI


今回の記事では、フリーのCGIを中心に、定番の配布サイトを取り上げます。


ネット上では、多くの方が自作のフリー(無料)CGIを公開しています。自分でCGIを作ることに挫折された方でも、これらの配布サイトからダウンロードして、手軽にコンテンツを設置することが可能です。


フリーCGI:KENT WEB


CGIの配布サイトとして、KENT WEBは定番中の定番です。管理人のKENTさんは、何冊も本を書かれておられます。


KENTさんのCGI入門書として最も初心者向けなのは、「最速攻略 CGI/Perl 作り方入門」です。また、「KENTとつくろう!PerlでCGI」は、CGIの入門書というより、サンプルプログラムを通じてCGIのカスタマイズを修得できる本です。


KENT WEBは個人が運営しているCGIサイトですが、非常に丁寧な解説と質の高いCGIの配布で、個人・法人問わず幅広く利用されているCGIサイトの定番です。


フリーCGI:リンク集


ほとんどのCGIはKENTさんのサイトで需要を満たすと思われますが、その他のサイトをお求めの方には、以下のリンク集から探すことをおすすめします。


CGI Garage+は国内最大級のフリーCGIスクリプト専門のリンク集です。また、【 無料イエローページ 】フリー&アレンジCGI【Aria1】は、各種CGIのフリー配布サイトを紹介しています。


これらのリンク集は、大部分がフリーCGIサイトですが、一部シェアウエア(有料ソフト)を含むサイトもあります。その点はご自身で確認の上、使用するようにしましょう。

現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

ホームページ作成:CGI入門書

ホームページ作成:CGI入門書


今回の記事はCGIの入門書を1冊取り上げます。フリーのCGIに関する定番サイトは次回の記事で取り上げます。


CGIのプログラム言語は、HTMLやCSSより難しいことは確実です。しかし柔軟な設計で自分の思い通りのコンテンツを作りたいとお考えの方は、独学でも良い入門書が出ていますし、頑張ってチャレンジする価値はあります。


CGI入門書:10日でおぼえる Perl/CGI 入門教室


初めてCGIを学ぼうとする方には、「10日でおぼえる Perl/CGI 入門教室」をおすすめします。この本は見本のプログラムを提示し、おみくじ、アクセスカウンター、アクセスログ、メールフォーム、認証システム、掲示板、チャット作りに対応した非常に優しい語り口の入門書です。


なお、CGIとHTML・CSSに直接の関係はありませんが、CGIを学ぶ前には、HTMLやCSSをある程度修得しておいたほうが、学習に入りやすいといえます。


「10日でおぼえる Perl/CGI 入門教室」はCGIの入門書として最も売れている部類の定番入門書といえます。10日で出来るかどうかはともかく、CGIを一から分かりやすく学ぶのには、最もおすすめ出来る入門書です。


その一方、CGIを独学で学んでも、どうしても挫折してしまう場合も出てきます。次回の記事では、CGIを手軽に設置したいという方のために、フリーCGIの定番サイトを紹介します。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

ホームページ作成:CGIとは

ホームページ作成:CGIとは


CGIとは、サーバー側で動作するプログラムの仕組みのことです。CGIは掲示板、ショッピングカート、メールフォーム、アクセス解析、アクセスカウンターを作成する上で必要な知識です。


ここで、CGIというプログラム言語があるわけでは無い点に注意してください。CGIはperl、c、rubyといったプログラム言語で書かれたサーバー側で動作するプログラムの仕組みのことを意味します。(ただし、書籍やサイトによっては、perlで書かれたプログラムをCGIと呼んでいるものもあります。)


CGIの設置方法


CGIを自分のホームページに設置するには、自分でプログラムを学んで作る以外に、フリー(無償)のCGIを設置する方法や有料のCGIサービスを利用する方法があります。


サーバーによっては、CGIの設置を禁止しているところがあります。その一方で、レンタルCGIを提供してくれるサーバーもあります。これらの点は、サーバーサービスを提供する会社に、事前に確認しましょう。


さて、CGIの設置にあたっては最低でも、絶対パス・相対パス、パーミッションの設定、サーバ側のperlのパスに関する知識が必要です。しかし、これらの知識は、CGIサービスを提供する会社やCGIの配布サイトで丁寧に解説されている場合が多く見られます。


次回以降の記事では、独学でCGIを作る場合の入門書や、優しく分かりやすい定番のフリーCGI配布サイトを順次紹介します。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

ホームページ作成用意:転送ソフト・FFFTP

ホームページ作成:転送ソフト・FFFTP


今回の記事は、ホームページ転送ソフト「FFFTP」を取り上げます。


ホームページを作成してドメインとサーバーを用意したら、自分のパソコン内に作成・保存したホームページファイルをサーバー上に転送することで、ホームページが公開されます。


今回取り上げるFFFTPは、このネット上への転送(「アップロード」ともいいます)を行ってくれるソフトです。FFFTPは高機能ながらフリーで使うことの出来る転送ソフトです。


なお、ブログやCMSのようなブラウザ上でホームページの作成・更新を行う場合や、ホームページ作成ソフトにFTP(転送、アップロード)機能が備わっていれば、FFFTPや同種のソフトは、必要ありません。


ホームページ転送ソフト:FFFTPの特徴


FFFTPのようなソフトを、正確には「FTPクライアントソフト」といいます。FFFTPは、ローカル側(自分のパソコン側)のフォルダの変更内容をそのままホスト側(サーバー側)に反映できるミラーリング機能を備えています。


またFFFTPは国産ソフトですから漢字のファイルにも対応し、ドラッグとドロップでアップロードも出来ますし、一旦中断したアップロードを再開するリジューム機能もあり、非常に使い勝手の良い定番ソフトです。


FFFTPは、開発者の曽田純さんの公式ホームページSota's Web Pageから入手することが可能です。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

ホームページ作成:有料サーバーの比較

ホームページ作成:有料サーバーの比較


今回の記事は、具体的に有料サーバー会社を比較して紹介します。なお、今回の記事は、商用・非商用問わず、主に個人のホームページ作成を想定しています。


ハッスルサーバーは、PHPやMySQLが使える格安のサーバーです。XOOPSやMovable Type (ムーバブル・タイプ)などの設置も可能で、メールアドレスも無制限。マルチドメインやサブドメインにも対応していて、500Mという容量も魅力です。


ホームページを運営していると、いろいろなツールを使いたくなると思います。こうしたことを自分であれこれと調べることが好きな方に、ハッスルサーバーは十分おすすめできるサーバーです。


また、個人で手軽に始められる有料サーバーの代表格は、ロリポップ!です。格安サーバーのロリポップ!ですが、基本的な機能に不満はありません。


一方、チカッパ!はロリポップと同じ会社(株式会社paperboy&co.)が運営していますが、支払いがポイント制になっていてマルチドメインがオプション契約で利用できます。ロリポップ!では物足りなくなった方におすすめします。


ホームページ作成:有料サーバーの比較(月額1,000円以上)


シーサイドネットは、安定性が期待できる中級以上の方向けのサーバーといえます。


また、WebARENA(共用サーバーは「webarena suite2」)は、容量やサービスに比べ割高感がありますが、NTTグループの安定性・信頼性は十分です。


今回は有料サーバーを比較しながら紹介しましたが、特に価格と機能性・安定性とのバランスを比較して、初心者向けにおすすめ出来るサーバーを取り上げました。有料サーバーを選ぶ際は、公式サイト等を比較しながら自分に合ったサーバーを選ぶことが大切です。


ホームページを作成してドメインとサーバーを用意したら、ネット上に公開するためのFTPソフトが必要です。次回の記事では、フリーでありながらFTPソフトの定番について紹介します。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

ホームページ作成:有料サーバーの選び方

ホームページ作成:有料サーバーの選び方


前回の記事では、有料サーバーの概要を説明しました。今回の記事はそれを踏まえ、有料サーバーの選び方について紹介します。なお、今回の記事では前回の記事を踏まえ、有料サーバーのうち共用サーバを想定して説明します。


まず、有料サーバーは当然費用がかかります。有料サーバー(共用サーバ)の月額の目安としては、個人向けのプランで数百円~数千円(オプションサービスを除いた基本料金のみ)と幅があります。


ホームページ作成:有料サーバーの比較


予算以外で有料サーバーを比較するポイントとしては、なんといっても独自ドメインの可否でしょう。独自ドメインがあれば、サーバー会社を乗り換える(引っ越す)場合でも、自分のアドレスを引き続き用いることが出来ます。


独自ドメインは自分だけのものであり、これによってサーバー会社が変わっても、同じURLアドレスでホームページを運用することが可能になります。もちろん、独自ドメインの取得はサーバー会社と同じ会社でなくても構いません。


また、独自ドメインは、そのドメインに基づいた自分だけのメールアドレスを設定することも可能です。


一方、有料サーバーを比較する場合、各サーバー会社のホームページで基本的なサービス内容をチェックします。サーバーのスペース(ディスク容量といいます)、CGI・PHP・DBの可否とバージョン、サポート体制などは真っ先に確認したい事項です。


有料サーバーのスペース(ディスク容量)に関しては、WEB(ホームページ)とメールに割り当てられる容量の配分についても確認しましょう。


ホームページ作成:有料サーバーと転送量


また、有料サーバー選びのポイントとして、転送量が挙げられます。これは、サーバーから呼び出されるデータ量のことです。自分のホームページに多数のアクセスがあったり、ホームページに置いた画像や動画などのファイルがダウンロードされる際のデータの量を意味しています。


有料サーバー会社のホームページでは、転送量は「無制限」や「週(月)○○GB」(数値が大きいほど多くのアクセスなどに耐えられる)などと明記されています。


そもそも転送量が明記されていないサーバー会社は論外ですが、自分のホームページに多くのアクセスが集まるようになり、転送量が制限オーバーすると会社から注意され、場合によってはサーバー会社の乗り換えをしなければなりません。


サーバー会社の乗り換えは面倒ですが、そうしなければならないほどアクセスが集まることは非常に良いことですし、前のサーバー会社の転送量がよほど低い場合を除けば、めったにないことです。


いずれにせよ、転送量は同じ予算のサーバー会社で迷った時に有力な選択肢といえます。独自ドメインを取っていれば、アドレスの変更による影響を受けることはありません。その意味でも、独自ドメインの取得は重要です。


次回の記事では、有料サーバー会社を具体的に紹介します。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|