カテゴリー「ホームページ作成方法④-1ブログ(サーバーインストール型)」の4件の記事

ホームページ作成:Movable Type

ホームページ作成:Movable Type


今回は、Movable Type (ムーバブル・タイプ)というインストール型ブログツールを取り上げます。Movable Typeは、日本で最も普及しているインストール型有料ブログツールです。


Movable Type (ムーバブル・タイプ)は、MySQL、PostgreSQL、SQLiteなどのデータベースやPerlで動作するブログツールです。


しかし、Movable Type (ムーバブル・タイプ)は、柔軟なテンプレート設計や複数サイトの設置、複数ユーザーによる編集など、CMSとして一般的なホームページ作りにも幅広く使われているソフトです。


アメリカのシックス・アパート社が開発したMovable Type (ムーバブル・タイプ)は、日本で最も普及しているだけでなく、同様のCMS・ブログソフトに比べ、書籍やネットを通じた日本語情報(導入方法、運用、カスタマイズなど)が豊富に入手できる環境にあります。


Movable Type (ムーバブル・タイプ)は、個人が非営利で日記を書く場合などを除き、有料になっています。しかしホームページの立ち上げから編集・更新を各段に容易にするMovable Type (ムーバブル・タイプ)の魅力は捨て難く、ホームページ作成の有力な選択肢といえます。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

ホームページ作成:フリーブログ(インストール型・データベース不要)

ホームページ作成:フリーブログ(インストール型・データベース不要)


今回の記事では、フリーのブログツールのうち、サーバーインストール型で、データベースが不要なものを取り上げます。


tDiaryは、国産の「Web日記を支援するフリーソフトウェア」です。ブログとしてはもちろん、多様なプラグインやカスタマイズによって、CMSのような一般的なホームページ作成ツールとして使うことも出来ます。


また、ppBlogは、サブカテゴリの作成やバックアップ機能も備え、基本的なブログとして十分なフリーブログです。


一方、blosxomは海外製のフリーブログながら、ネット上では日本語による関連情報も豊富です。


blosxomはプラグインによる機能拡充も増え、複数のブログ管理も備えています。また、ローカル(オフライン)で書いたテキストファイルをFTPでサーバーにアップロードして公開するブログです。


ホームページ作成:フリーブログの長所・短所


このほか、このタイプのフリーブログでは、adiaryWeb Diary Professionalなどがおすすめ出来ます。


今回はフリーブログのうち、データベース不要のツールを取り上げました。データベース不要のブログは、一般的に導入が容易であることや、動作が軽快であることが長所として挙げられます。


一方、フリーのブログツールはデータベースの用・不要問わず、個別に直接的なサポートが受けられない場合がほとんどです。もちろん、ほとんどの問題は、公式サイトや関連サイトのコミュニティ、書籍などで解決することができます。


それでも、個別のサポートを希望する方は、国内で最も普及しているインストール型有料ブログソフト「Movable Type (ムーバブル・タイプ」をおすすめします。次回は、Movable Typeについて説明します。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

ホームページ作成:WordPressとNucleus

ホームページ作成:WordPressとNucleus


今回は、フリーのブログのうち、データベースを必要とするサーバーインストール型のブログを取り上げます。(データベース不要のフリーブログについては、次回以降の記事で紹介します。)


このタイプのフリーブログの代表格は、WordPressNucleus CMSです。両方ともMySQLとPHPで動作するフリーブログです。


ホームページ作成・WordPress


WordPressは再構築を必要とせず、PHPで動的にページを生成し、ブログに必要な基本的機能を備えたフリーブログです。複数ブログの管理機能こそありませんが、ネット上や入門書など日本語情報も豊富にあるブログツールです。


また、WordPressは柔軟なサイトデザインを行うことで、ブログ以外の一般的なホームページ作りにも使えるツールです。ネット上の情報やWordPressの関連書籍は豊富にあり、ホームページ作成には最適なツールです。


ホームページ作成・Nucleus


一方、Nucleus CMS(またはNucleus)は、複数のブログ(ホームページ)管理が可能です。また、正式名称に「CMS」が付いている通り、ホームページの作成にも幅広く対応できます。


しかしNucleusは、本体のシンプルさとプラグイン(機能を追加するためのプログラム)による拡張を徹底的に追求しています。このため、必要な機能を必要なものだけ追加するというコンセプトで設計されています。


たとえばNucleusでは、トラックバック機能さえプラグインを必要としています。このことは、Nucleusが単なるブログでは無く、無限の拡張性を持つツールであり、必要な機能だけ備えるホームページ作りに適したツールであることを意味しています。


Nucleusに関する日本語情報はネット上の参考サイトなどが中心でした。しかし、待望されていた初心者向けの入門書「Nucleusでつくる!最強のブログサイト」が出版され、Nucleusが普及される環境は整っています。


フリーブログ(WordPress、Nucleus)とMovable Typeの比較


日本で最も普及しているサーバーインストール型のブログといえば、有料ソフトの定番「Movable Type (ムーバブル・タイプ)」です。


しかし、フリーブログであるWordPressやNucleusは、Movable Type (ムーバブル・タイプ)に並ぶ機能や操作性を実現し、一般的なホームページ作成にも威力を発揮します。


これら3つのブログツールに共通するのは、ネット上や書籍を通じた日本語情報の豊富さです。導入、カスタマイズ、運用上のコツなどを、ブログツールの関連書籍や参考サイトを通じて十分に知ることが出来ます。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|

ホームページ作成方法:CMS、ブログ

ホームページ作成方法:CMS、ブログ


今回の記事では、ホームページの作成方法のうち、CMSとブログを使った方法について説明します。また、具体的なCMS、ブログの比較紹介を、後の記事で紹介します。


まず、CMS(コンテンツ管理システム)とは、ホームページのコンテンツを一括して管理してくれるソフトのことをいいます。(広義のCMSはデジタルコンテンツを管理するシステムの総称ですが、ここではホームページ作成に限った狭義のCMSを意味します。)


また、ブログはCMSの一種であり、更新した順番(日付順)に記事が並んだり、トラックバックといったブログ独自の機能を有するものです。ブログはネット上の日記と思われがちですが、厳密にはCMSから派生したホームページ作成ツールであり、ブログを使ってホームページを運営する方法も広く用いられています。


また、CMSやブログは、ホームページの置き場所であるサーバーに設置して用いる「インストール型」と、さまざまな企業がサービスとして提供しているものを用いる「サービス型」(または「レンタルサービス型」)があります。(具体的なツールは後の記事で紹介します。)


CMSやブログは、個人向け・法人向け問わず、高機能でも無料で使えるものから数百万もの料金がかかる大型ツールまで、多種多様なツールが普及しています。


ホームページ作成方法:CMS、ブログのメリット


CMSやブログによるホームページ作りが他の方法と最も異なる点は、ほとんどのツールがネットにつながった状態でブラウザ上による本文の記述だけでホームページの更新が出来ることです。


このことは、他のホームページ作成方法に見られるような、ファイルの作成やホームページの公開作業などが不要であることを意味しています。CMSやブログは、こうした更新作業の煩わしさを感じることなくホームページを作ることが出来るツールです。


また、CMSやブログを使ったホームページの構築は、検索エンジン対策に配慮したツールの改善が見られ、手打ちと変わらない効果が期待できるものが多く出ています。


さらに、CMSやブログの場合、ある程度のHTMLやCSSの知識があれば、ホームページデザインのカスタマイズが可能です。こうしたSEOやカスタマイズといった点は、一般的にはインストール型のほうが非常に柔軟性に優れていて、手打ちに近いものを持っています。


また、CMSやブログによるホームページ作りは、インストール型であればサーバーに設置すること、サービス型であればサービスの提供先と契約することで始めることが出来ます。契約といっても、サービス会社のサイト上で必要事項を入力して会員登録などを行えば、ほとんどの場合はすぐに使えることが出来ますし、サービス型は簡単に始めることが出来ます。


ホームページ作成方法:CMS、ブログのデメリット


インストール型のCMSやブログは、サーバーへの設置作業が必要です。自分が契約しているサーバーによっては、使いたいツールが使えない環境かもしれません。


また、インストール型ツールの設置に当たって、設置代行などのサービス(無料と有料の場合に分かれます)を行ってくれるサーバー会社もありますが、そうでない場合は自分で設置する必要があり、設定がうまくいかなければ起動してくれません。


その一方、サービス型のツールはカスタマイズに制約があり、デザインの柔軟性にやや欠けています。さらに、サービス会社のなかには、ネットショップやアフィリエイトなど商用サイトとしての利用を禁止しているところもあります(会社によって異なりますので、利用規約を読んでおくことをおすすめします)。


しかし、CMSやブログによるホームページ作成は、更新作業の容易さにおいて手打ちに勝っています。また、SEOやカスタマイズの面でも手打ちのメリットに相当近いものを持っています(特にインストール型)。こうしたことから、前回の記事の繰り返しになりますが、企業・団体サイトやネットショップ、アフィリエイトなどの商用サイトなど、アクセスアップも意識した本格的なホームページを目指すのであれば、CMSやブログは、手打ちによるホームページ作りに挫折した場合など、有力なホームページの作成方法と言えます。


現在当サイトは独自ドメイン「http://www.pidguide.com/」(パソコン・インターネット・デジタルガイド)を取得し、ホームページ作成ガイドに移行しています。こちらのほうを、どうぞよろしくお願いします。(ウィンドウは別に新しく開きます)

|